ゲームの始まりは唐突に

マジデゲーム止まらないMGTひさめでございます。
ぬっちゃけ昔から、ゲームにはまるって心理がよくわからなかったんですが、はまってはじめてわかる、ゲームの魅力
ゲームってやめられない止まらないカルビーかっぱえびせん

シム (ゲームの名前) やってます。
シムのスキン作ってるサイトさんからダウンロードしてきたものを、私がヒイコラ言いながら
1週間ほどかけて改造した、由真と桃香ちゃん。

最近こればっかやってます。 似てないけど、ずっと見てると由真と桃香ちゃんに見えるんだよ!
 見えるんだよう!!(必死)







そんなわけで、鈴木姉妹の一日をちょっと覗いてみましょう。
デヘデヘヘ

働き者の桃香ちゃんに、ひたすらTV見てただけの由真は ありがとうのチッスで精一杯の返礼です。

グエ お姉ちゃんちょっといっぱいいっぱいです。
 妹断固拒否。

 空気を読むんだ由真!





そんな鈴木家ですが、

年金トーク@ 午後のひとときには、一緒にTVを見たりもする仲良し姉妹。
 TVを見るのに必要以上にイチャつくのは、仕様です。
 
「年金問題って大変だよな。」
 大人の会話で場を盛り上げます。






年金トークA 
「年金問題って大変だよな。」
 (え、おねえちゃん、10秒前も同じこと言ってたよね・・・?)
 不審に思い、振り向いたところを狙ってキスする由真。
 確信犯です。
 でも実際のところ確信犯とみせかけて、それ以外に話せるネタがなかっただけです。
 由真がキス魔なのも、仕様です。




キスとご機嫌取りだけでは姉としての威厳が保たれないと、遅ればせながら気付いた由真。
「桃香、今日は私がごちそうを作ってやる!TVでも見てろ」
勇ましいお姉ちゃんに、桃香ちゃんもドキドキです。

ダメな姉。 しかし慣れない料理をおっ始めた由真、ボヤを起こす。










「年金問題がぁぁぁ」
年金問題は関係ありません。

更にダメな姉。 ボヤボヤしていたら、火に包まれた由真。
 
「ねんきんんんんん!!!」
 由真パニック!
 桃香ちゃんも燃え盛るお姉ちゃんに気付き、パニック!







桃香ちゃんの決死の消火活動もむなしく、由真は自らが招いた事態により帰らぬ人となりました。
最期の言葉は年金でした。

お願いしますお願いします 桃香ちゃん、死神に懇願。









桃香ちゃんの必死の願いが受け入れられ、由真復活。

「共同作業だな桃香!」(いい汗)










そんな鈴木家サバイバルライフ。


 ゲームを始めたきっかけを今更告白

ひさめさんの今年の目標。
「沖縄へ行く」 の前に言ったあの一言・・・・ 覚えてる方っていらっしゃるのでしょうか。
あれです、

『由 真 と 結 婚 !』

(乙女の恥じらいにより反転)

> そろそろデートを重ねて、夏の終わりくらいにはプロポーズしないと、年内に入籍は難しいと思いますよ?
> 桃香ちゃんの許可も必要でしょうし。


というありがたーいお言葉を頂き、7秒ほど考えた結果、ひとつの答えにたどり着きました。


そう、シムだ。


シムで鈴木姉妹とお友達からスタートして、アップテンポにマリッジしちゃえばいいじゃないの!
私ったらあったまいー!

と、かれこれ1ヶ月ほどプレイし、微妙に由真に嫌われてる私ですけれどもどうしたものか。

桃香ちゃんがいない間に料理してボヤ。 
「うおおおまたやっちまったー!」








へっぴり腰由真さんと共に、さようなら。


 友人に昇格!

あ、シム、最近やっとこさ由真とお友達になれました。 ワーイ
鈴木家にお呼ばれされました。 でかした私!

見て見ぬフリ。 明らかにお呼びでない雰囲気なのに佇むピンクの人・・・。









ちなみにピンクの人 (ウサミミ仮面さん) 大塚氷雨という名前です。 由真とマリッジー!
帰ればいいのに帰らない大塚。 いじらしい・・・!


 あっさり格下げ

由真とアレなことになりたいシム作戦。
見事お友達になれた大塚さんは、ちょっと調子に乗って、由真さんに
投げキッス とかしてみたんです。
私の魅力に由真もタジタジですよコレ!

やー、お陰様でまた友達以下の存在になりました。 ヤッテシマッタヨー


 ス○ーカー的ウォッチングに転向

日曜日は、あまりにもはまりすぎて他のことをやらなくなるから封印してた
シム やりました。

誰かしらあそこでイチャイチャしてる子は あれあれ?
 こんな暗闇の公園に佇んでいる人がいますよ?







鈴木☆ラブラブ姉妹キタコレ! あらまあ!
 鈴木さんとこの ご姉妹じゃないの!(白々しい)






的なことを1人でにやにやしながらしてました。(廃人)


 ほーら桃香、お姫様だっこでテラスへ行くぞー!の巻

今日も唐突に始まる、鈴木家シム劇場。

お姫様だっこをして行き着いた先には イチャイチャしながら由真が桃香ちゃんをテラスへといざないます。








はい、注目! 
「さて桃香、突然だが、私は、やる。 私の本気、見せてやる。」

 え、お姉ちゃん、さっきまでの甘い空気は無視?
 何をそんな真剣に・・・






どーーん 
「3!2!1!0! 着火! イヤッホー!」










たーまやー 
「たーまやー!ほらっ桃香も!

 「た、たーまやー・・・・」
 「ふふーん」(自慢げ)







情熱キッスを君に 「もう、お姉ちゃんったら意味わかんない!好きっ」











オチなんて  ないよ



 新しい家族が加わりました

最近、実は 「女子高生 GAME'S-HIGH!!」 の、ゲーム版の、鈴木桃香ちゃん (中学生) がコッソリ好きです。
そんなわけで、

作った。 うっかりシムで新たに桃香ちゃん (中学生バージョン) を作ってしまいました。
 ゲームがクリアできなくて逃避しました。







新しい家族も加わり、管理人の気が向いたから いきなり始まるシム日記。

熊 
「お、カタログより実物の方がいいんじゃないか〜?」

 由真が通販で熊の置物を買いました。
 自分の買い物にご満悦の御様子。






絶句。 
「「・・・・・。」」

 家に帰ってみると突如現れた木彫りの熊に、立ち尽くすダブル桃香。







熊を囲んで。 
「お、二人とも帰ってきたか!」
 「なによお姉ちゃんこれ・・・」
 「熊だ!」
 「熊ね」


 鈴木家緊急会議、始まります。




熊 いりません。 
「・・・えっと、クーリングオフ制度はっと」
 「え、あれ?!くっ熊さんはなしだったか?!」


 会議終了。







擁護意見。 
「まっ、待って!あ、えっと、あ、お、お姉ちゃんが折角買ったんだし・・・・ね?」

 中学生桃香ちゃん、由真を擁護。









他に置く場所がないので。 熊の置物はクーリングオフを免れ、お風呂場に飾られることとなりました。










後ろ!後ろっ!












ベアー様が  入浴を  超みてる


 由真のポジションがおかしなことに

ゲラッゲラ 唐突に桃香ちゃんと中学生桃香ちゃんのラブシーン展開。(左端)
 薄々君ら仲いいなあ思ってたけど、まさかそんな間柄になるとは。
 右下でテレビ見てる人、

 妹たちの異変に気付いてー!





あれ、ちょっと仲間はずれっぽくなってないか?!と遅ればせながら気付いた由真、妹二人をテレビ観賞に誘います。

姉としての威厳維持に努める 
「この前の日曜洋画劇場の映画がさ〜」
 「・・・・・ (シラー)」
 「(あれ?あれ?!)」






聞いてください… 「家族愛がテーマの作品で、すごいよかっ・・・、ねえ、・・・・
ねえ・・・。 ・・・・。」








由真、かるくハブられてる 家庭内で


由真がかわいそうすぎて涙が溢れます。
由真を取り合ってW桃香ちゃんが奮闘するという夢の話が見れるのはいつの日か。


 そうだ!花見へ行こう!

そうだ! 「んーーーー。ぱっ!」

 由真様、ひらめきはいつも、突然に。






いかがでしょうか。
 「ねねね桃香、花見とか行かない?」
 「いーんじゃない?お姉ちゃん(桃香)の方にも聞いてみなよ」
 「う、うん…!」







行こうよー 
「桃香、花見、行こう!」








花見ー  「すみません只今排泄中ですのでお願いですから出て行ってもらえませんか」








日曜日、一人で京都行ってきたんですけど、昼過ぎに帰宅してから、深夜まで延々鈴木家シムってました。
由真が突然桃香ちゃんのトイレに直撃したのは、私が疲れていたせいなのでしょうか。

まあ自分の花見ネタが書きたかったが為の前振りに作った、今日の鈴木家劇場でした。




HOMEへもどる

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット