【2008年3月2日(日)】

古墳 
古墳 に行ってきました。
 ヤッ、ホー!







案内板に、
古墳の見学コース が書かれていました。

見学コース もけいのひろば → くびれ部 → 造り出し → 前方部 → 後円部 →

 →
はにわのひろば










はにわのひろばって!! はにわのひろばって!!
ひさめさんは案内板を見ながら、思わず興奮の雄叫びを発した!


はにわのひろばってーー!!!


古墳 古墳は近所の人っぽい方々が
 すごい散歩してました。






そして、これが、はにわひろば、だ!
 ↓

はにわひろば はにわひろば








後円部には、規則正しくはにわが並べられていました ならぶ円筒埴輪(えんとうはにわ)










とても立派な円筒はにわでした。


初級編・中級編・上級編と三段階の難易度が その後は古墳学習館で、
円筒はにわパズル に挑戦です。
 予想外の難しさに、ひさめさん達は大盛り上がりです。








あまりの難しさに、中級編を完成させて納得 円筒はにわ完成








・・・・・・。



ち  が  う



円筒はにわってなによ
私は踊るはにわが見たかったのよなにこのはにわ


 
「ありがとうダンくん!でもその励ましがちょっとだけ、プレッシャー」





埴輪の話からいきなりバンブーブレード感想へ、流れるような話題転換 第21話 「川添珠姫と鈴木凛」
熱血ミヤミヤってのもいいなあ。
ミヤミヤが熱血化してがんばってるのを見て、私も軽い腰を上げました。







タマちゃんが、こよなく愛する特撮ヒーローショーに行って興奮したり、深夜に正座でオタ話を語り合ったりしているのには、
見ていて思わずあの子かわいいとか思ってしまいました。
布団の上でチケットを握り締めてゴロゴロしたり、目をキラッキラさせて応援したりするのは反則的なかわいらしさです。

それと、







妙に百合パワー全開な告白シーンはそうですね、狙いすぎだけどいいと思います。

なんで上から目線なんでしょうかね、ではまた。


 【3月13日(木)】

バンブーブレード 
「ここで負けたら、剣道やってる意味ない!」






あーどもー。
先週に引き続き、今週もまじダルビッシュ

スケート 
スケート 行ってきたんでその話でも書いてお茶を濁しときます。
 すごいぐだぐだなんで、覚悟がある猛者だけどうぞ








さて、この度なんで突然スケート行きたくなったかっつーと、モスクワ滞在中に見てたフィギュアスケートの
バラエティ番組での、司会者の人達のスケーティングがなんたらかんたらですわ。


手袋がそんなに重要アイテムだったとは
 --- ここからナンタラカンタラ ---
 ロシアでやってたフィギュアスケートのバラエティTV番組で、
 スケートリンクが映ってるところに司会の女性が画面の左側から、
 司会の男性が画面の右側からシューって滑って出てきて、画面中央でシャッて止まり、
 「さぁ、今週も始まりました〜!」 的なスタートをするのがお決まりパターンだったんです。
 それを毎週見てて 「あのシャッて止まるのは異様にかっこいいけど、
 普通の司会者ができる位だから簡単なものなのか?
 できるなら私もこの司会者ごっこをして遊びたいー!」 と思ったんですわ。
 --- ここまでナンタラカンタラ ---



そんなわけで司会者ごっこをする為にスケート行ってきたんですけど、あれ意外と高度テクニック


夏場はプール
 --- ここからどうでもいいシャッ解説 ---
 スピードをつけて滑って、そのままスピードを緩めずに急に止まると、シャッと
 できるみたいなんですけど、いかんせん大人になると防衛本能がたくましく働きますようで、
 自分の身の安全を考えて少しずつスピードを緩めて止まってしまうんですよ。
 自分の身は自分で守れ! 安全第一ですよね。
 --- ここまでどうでもいいシャッ解説 ---



というわけで結局シャッはできずに帰ってきました。 へっぴり腰を御披露させて頂いただけで終わりました。
ちなみに妖精さながらのスケーティングを、私は滑走後約20分ほどで手に入れる予定でしたが、無理でした。
記憶の中で、小学生の私は踊るように優雅に滑ってたんですけどね!思い出は美化されるものだからね。 わからん!


 【3月19日(水)】

きょうは
献血 の話とかどうでしょうか。

なんで献血  なんで血液でボランティア管理人

粗品って一体何がもらえるんだろう♪とかいう興味本位で行ったわけではなく、ボランティア精神らしきものを胸に抱いて
献血ルームへ行きました。 粗品への淡い期待ではなく!

「献血にご協力いただけなかった方々へ」 という冊子を貰っておめおめと帰ってきました。
カフェオレも飲んできました。
ヘモグロビン値が足りないって、ナンナンナー!
ちくしょう! 献血したら一体なにがもらえるんだ! 気になるじゃないか!


リリカルなのはStrikerS を、気がつけば23話まで鑑賞し終わりました。
最近なにしてるのかというとまあ大抵こんな感じのことをしております。
これまで何度となくシャマルさんは死亡フラグ立ちまくりで、何度となくハラッハラさせられましたが
無事生き延びられ、23話ではもう大活躍です。

リリカルなのはシリーズの主題歌は最高だと思う。 シャマルさんの地味な大活躍






リリカルはときどきものすごいガチ展開。


 【3月21日(金)】

どーもどーも。
昨日は工場見学へと羽ばたく予定でしたが、諸事情により結局家でひきこもらせていただくことに相成りまして、
エルフェンリート (アニメ) 見ました。

エルフェンリートのamazonレビュー 前に マンガの方をちらっと読んだ時 に、
アニメがえらいことになっててすごくイイ 的な
 お勧めをされたのがずっと気になっていまして、数年の時を超えての鑑賞です。
 まあおもしろいってんだからおもしろいんだろうと、前知識なしで、軽い気持ちで見てみました。







暗い  重い  エロイ  グロイ

そんなアニメでしたイヤッフー!
R15指定されてたって見終わってから知りましたイヤッフー!
なんだか物凄いじゃんじゃか殺戮されて、しかも惨殺なもんで、
首が!四肢が!断面が!ええー?!血ドバー!
みたいなことになっていました。
けど
ストーリーは悪くない お陰で、ぐだぐだ感を抱くことなく一気に見れました。
8話目辺りから個人的にちょっと面白くなってきました。
1日で全話一気に見たわけですが、別段感動もなく、泣くこともなくふーんって感じで鑑賞終了。
(不覚にも魔法少女リリカルなのはA'sで泣いた私ですけれども)

もっと救われないENDかと思ったけど、普通くさかったです。
全く救われないただひたすらに悲しいだけの、残酷でやり切れない物語かと思ったのに。

やー、グロいのあんまし好きじゃないんでこんな感想になってしまったのかもしれませんすみません。
それはともかく、純粋なナナちゃんがかわいいと思います。
あと、ツノが、最後までネコミミにしか見えませんでした。
今時のアニメはこれ位のスプラッタなんだろうという広い心で見た為、そこまでグロいと思わなかった気もしなくもないですが、
もうなんだかよくわかりません。
マユちゃんの家出話の回想が一番きつかったです。 こういうのは、勘弁!


その後、お口直しがてら
魔法少女リリカルなのはStrikerS を最後まで見てしまいました。
こっちも戦闘モノだから、そのままエルフェンリートと同じノリで見ていたら、なのはの方は激しい攻撃を受けても
全然四肢分断されたりしないんで、そこはかとなく物足りない気分になってしてしまいました脳がおかしくなった!

 フェイトさんはどのシリーズも
ラスト辺りで露出度が上がるんですが、
 StrikerSでもかなりの布地面積の小ささに挑戦されていました。





そんなわけでリリカルなのはシリーズ全3部を見終わったわけですが、やっぱりA'sが一番面白かったです。
リリカルシリーズは別に夢中になる感じではないのですが、普通に面白い。


アニメ感想がぐだぐだに長くなったので終わります。


 【3月24日(月)】

ご主人様から、缶のお茶(飲みかけ)を貰って飲んで
 「正直に言ってみろ。言え。」
 「ちょっと、間接キス気味で、微妙に嬉しかったです。」
 「聞こえないぞ?大きな声で言うんだ。」




「間接キス気味で、嬉しかったです!」


 コミックハイ!
 買ったら3周年記念号だった!

冒頭の話に戻りまして、手からビームも執事のたしなみ、
『君が主で執事が俺で』 を見ました。
というのも、先月コミックハイと一緒に買った、メガミマガジンなる雑誌を惰性で読んでいたところ、

ご主人様の―― このフレーズと












女王様の―― このフレーズに釣られました。
 そしてさっそく鑑賞。



まあぶっちゃけちゃいますと、
百合なのかなー と思ったわけです。
( 『お嬢様と担当メイドのちちくり合いや〜』 云々書いてる記事を見て)

姉弟で家出して上京、働き口を探していたところ、ふとしたきっかけから 久遠寺財閥にて
執事として
住み込みで働けることになった話。(姉はメイドとして)
執事どたばたギャグ。








超ばかばかしくて中々おもしろいです。
若干うざいキャラが何人かいますが、まあ大佐に免じて不問に。
時々すごい百合の花が咲き乱れてるんですけれども、よくわかりません。
お姉ちゃんが妹を溺愛なもんでイチャライチャラしたりしたり、ご主人様と使用人がイチャライチャラしたりします。
喘ぎ声らしきものが妙にえろいです。裸率高し。


君が主で〜を第5話まで見て、もう1つメガミマガジンを読んでいて気になった作品
『ロザリオとバンパイア』 を見ました。
こちらも
百合なのかなー とかうっすら期待しての鑑賞でございます。
(『主人公の月音が、美少女妖怪たちのお色気ハーレムの虜に〜』 云々書いてる記事を見て)

高校受験に失敗した男の子が、
妖怪の通う高校 ・ 陽海学園に入学することになった話。
(主人公・月音の読み方はつくね、♂だった)








特にとりえのない男の子が、可愛い女の子たちに言い寄られまくり、モテまくるんですけれども、
そんな主人公に対して 「こいつの魅力がさっぱりわからない!」 とムカつかないアニメです。
「彼は人間だからな!」 という理解のお陰です。
女の子すごいかわいいです。常にぱんつです。簡単にまとめると、ぱんつとおっぱいです。

まあベタな話なんですけれども、主人公で
バンパイアのモカちゃん (ピンク頭の子) が、胸のロザリオを外したら、








ひさめさんストライクゾーンまっしぐらの、ごっつ素敵なバンパイアに変身します。

強くて美人のお姉さまに大変身します!

単に他人を見下したキャラのお姉さまかと思ってハァハァしてたんですけど、ちょっと不器用だったり、
早とちりしちゃったり、ちょっといい人だったりして、


ぶっちゃけツボすぎて大興奮です。









毎度展開が同じパターンだった為、4話目辺りにしてちょっと飽きてきましたけれども、すごい、
あの人素敵すぎてやばいんで、放送終了まで推していきたいと思います。
ロザリオもっと外れろと日々念じていきます。

百合度はたぶん、「君が主で執事が俺で」 の方が高いです。 けど百合目当てで見たらがっかりするかも度35%

次こそはコミックハイとか百合姫Sの話! たぶん!


 【3月29日(土)】

気がつけば
ロザリオとバンパイア は最終回。
最終話まで一気に見ました。 想いのたけ (まとめ) を書きたいので、書き殴ります。

バンパイア化したお姉さまはやっぱかっこよかったです。 声優陣が妙に豪華で、色々とパアァァとしました。
しかしながらずっと見ていると、

「ロザリオ外れろ!」

と念じるよりも、

「お姉さまのパンツもう見えるな!」

と念じている方が多くなっていました。
黒モカのお姉さまのぱんつは見えない方がいいと思うんですけど、いかんせん、つんぱつんぱしてるアニメだったので、
バンパイア化した後もぱんつ乱舞でぱんつ見えまくってもうぱんつがっかりしました。

破廉恥なパンツめ!!








開き直って、パンツダイジェストアタック!!













まー、ベタに予想通りな感じで終わりましたが、楽しかったです。
お姉さま最高!








強引にストーリーをまとめにかかってるところとか、パンツ見えすぎとか、いきなりキャラソンが流れてきたりとか、
パンツ見えすぎとか、おっぱい揺れすぎとか、パンツ見えすぎとか、ツッコミどころが多彩で楽しかったです。
キャラ名覚えてないけど、中の人が!ワー!胸キュン!みたい想いもそこはかとなくあったりしました。
お姉さま最高!と思ってたら、ゆるいほんわかキャラが出てきて、こういう子も大好き!とか思ったりなんかもしまして、
キャラクター面では大変美味しいアニメでした。


簡単にまとめらしきことを書いたところで急に話題を変更、
百合姫S に連載されてる、「オトメキカングレーテル」 って作品が
すごいツボすぎです。 おもしろ!
思わずvol.1から引っ張り出して、リーディング。 この作品すげえ百合おもしれえー!
あのエロい人どうしたものか!












こんなキャラがすごい好きなんだもんよおおおおおおおお

でも今後の展開では影が薄くなりそうな感じの立ち位置なんで、きっと、今が、華!



HOMEへもどる

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット